工業用ミシン サーボモーター化のススメ

モーターの交換作業 その3


15)
コントロールボックスを操作のしやすい位置に取り付けます。
(ミシン操作の時に足が邪魔にならない位置に)

16)
モーターから出ているケーブルを、コントロールボックス裏側の対応しているコネクタに
接続します。
※それぞれのプラグの形状が異なっているので、合っている場所に差し込みます。
(コードが邪魔になる場合は、机の裏面などに固定しておきます。)

17)
ピットマン棒(連結アーム)を取り付けます。
この時、ピットマン棒(連結アーム)が床面に対して垂直となるように調整します。
(画像の赤丸のところにあるボルトを緩め、金具を左右に動かすことで調整できます。)

18)
取り外し手順と逆の順番でベルトを取り付けます。

※ベルトの寸法が合わない場合は、こちらを参照  ⇒  各部の調整およびVベルトについて

19)
ベルトの調整・取り付けができたら、付属のカバーを取り付けます。

20)
これで、サーボモーターへの交換ができました。