工業用ミシン サーボモーター化のススメ

このサイトについて


もともと物づくりが好きだったので色々なものを作っていましたが、ふと帆布で鞄を作ってみたくなったのがそもそもの始まりでした。

まず必要なものとしてミシンの購入を検討し、手の届く金額(おこづかいの範囲)のもので、いろいろ調べてたどり着いたのがJ社の職業用ミシン。
当面はこのミシンで帆布鞄を作ってまして、なかなか縫い目もきれいで、操作性も良好。また作った鞄の周りの評判も上々と、とりあえずは申し分なし
でした。が、しばらくしたある時ふとパワー不足を感じることがあり、ついつい工業用ミシンに興味を持ってしまったのでした。。

家庭持ちが趣味に使える予算には限りがありますので、すぐに買うのは難しい。
けれども一度興味を持つとなかなか忘れることができないもので、ミシン関係の販売サイトやオークションを眺める日々・・・。
そんな日々が続いていたある日、インターネットのオークションに出ていた安価で状態のよさそうな中古の工業用ミシンを
勢いでついに購入したのでした。

販売はミシンの業者の方でしたので、こちらの縫製品に合わせて各部の調整、またプーリーやクラッチモーターの交換等もしていただきました。
これからはこの工業用ミシンでモリモリ作るぞ〜!と意気込んではいましたが・・・ここで問題が発生。
クラッチモーターの扱いが難しすぎる!(ある程度は想像していましたが・・・)
正直なところ、ちょっと練習すればいけるんじゃないかと甘く考えてました。

しかし練習しようにも、仕事の休みが少なく、また家でも毎日バタバタ(まだ子供が小さいので・・・)で、なかなかにミシンを踏む時間もとれず、
いつまでたっても上達しない・・・。
このままではせっかく買った工業用ミシンが宝の持ち腐れになってしまう!と感じ、思いついたのがサーボモーターへの交換でした。

専門の業者の方にお願いすればもちろんしっかり付けていただけますが、あくまで個人の趣味。そこまで金銭面の余裕はありません。
よし、それじゃあ自分で交換するぞと思いたち、実際に取り付け作業を行ったのでした。

工業用ミシンの各部品の規格は共通のものが多いので、自身でモーター交換されている方も多々おられるかとは思いますが、
インターネット上で情報を集めようとしても、交換のやり方を載せているところはなかなかありませんでした。
なので、「せっかく交換を行うのなら記録に残しておこう!」という思いでこのサイトを作ってみました。

私同様、より快適なソーイングについてお考えの方の参考になりましたら、幸いに思います。


   管理人 : 虹色(にじいろ)

※ご意見・お問い合わせ等ございましたら、こちらまで ⇒ 




[関連サイト]
    虹色帆布 : http://nijiirohanpu.mokuren.ne.jp